バルバレスコラバヤ 2006年 ブルーノロッカ
¥22,800
在庫数 : 1
注文数:
商品の注目マーク
タイプ    赤ワイン 
地方     ピエモンテ州 
ワイナリー  ブルーノロッカ
品種     ネッビオーロ 
生産年    2006年 
ボディー   ★★★★★ 

イタリアを代表するバルバレスコの生まれ年ワインはいかがでしょうか。 
伝統と誇りを持ち、世界的に最高評価を得ているワイナリーの18年ものです。 

バルバレスコは熟成にとても強く70年ものでもおいしく飲めるワインなので、品質も最高です。 
液面レベルは、高いです。 良い状態であると思われます。 

お祝いやプレゼントに生涯忘れることのできない、生まれ年ワインはいかがでしょうか。 
化粧箱に入れてお届け致しますので、そのまま贈り物としてもご利用いただけます。 

熱劣化を防ぐため、5月から10月までは、クール便でお届けいたします。 



BRUNO ROCCA
ブルーノロッカ

歴史は浅く、1950年代前半に現当主ブルーノの父フランチェスコと母マリア・アデライドがバルバレスコ村中心部から現在のラバヤの地に移住したのが始まりです。

当初は葡萄栽培農家として協同組合や近隣のカンティーナに葡萄の段階で販売していました。父が亡くなりブルーノに代替わりとなった1981年にボトリングを開始。

30年の歴史しか持たない若い造り手ながら、今や他の造り手達も認めるバルバレスコを代表する造り手となりました。
畑はラバヤを中心にネイヴェ側のコパロッサ、クラ、更にはトレイゾにも少し持っています。全ての畑はクリュを名乗れる区画であり、なんとベースのバルバレスコも全てクリュの葡萄が100%使われています。

最も重要な畑「ラバヤ」はトゥーフォと呼ばれる石灰質の堆積土壌であり、特に珪素が強く、他の土壌より青がかった色調が特徴的です。
南西向きで日照量が最も多い畑で、盆地上になっている下部にはタナロ川が流れていて川から年間を通じてこの盆地を冷たい風が吹き抜けていくのだそうで、この風がカビや病気から葡萄を守ってくれる理想的環境。
ワインはしっかりとした骨格を持ち大きなワインに仕上がります。
みんなのレビュー
  • 総合評価
  • (0件)
この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています
みんなのレビューコメント